有限会社 太陽ロゴ
有限会社 太陽お問合せ先リンク

Archive INDEX

個人邸ウッドデッキ拡張施工と庭のタイル張り整備工事

ウッドデッキ通路の拡張工事

ご自宅は2階建てですが、写真の方向から見ると、駐車場は地下に当たります。 今回は、2つの工程がありました。 ひとつ目は、駐車場の屋根にあたる部分を鉄骨でせり出し工事し、ウッドデッキ風の導入口として確保する工事です。

いままで庭に出るには、いったん自宅内にお客様を招き入れ、庭に面したお部屋に入る必要がありましたが、ウッドデッキで屋外通路を確保することにより、玄関から外を回って直接、庭に案内できるようになりました。
今まで以上にコミュニティースペース(庭)を利用できそうです。 約2mほどの幅でウッドデッキ通路としてスペースを確保したのですが、仕上がってみると意外と広いので、ここもテーブルを置いたコミュニティースペースとして、じゅうぶん活用できました。

夜間照明はデザインアップと防犯に


外から見える場所でもありますので、体裁よくリアルウッドで目隠しをし、さらに、味気ない雰囲気を打ち消すため、デザイン性の高い照明を配置しました。 この照明は防犯効果も期待できます。

がらりとイメチェン

ふたつ目の工事は、1階掃出し窓から出られる、奥行3m程度の横に広がった庭の整備工事です。 お施主様は、このスペースをお招きしたお客様と、語り合えるコミュニティー性の高いスペースとして活用したいとのご希望でした。

またペットがこの庭に降り、また室内に上ってくるので、ペットの足が汚れない作りにしてほしいとおっしゃっていました。 施工前は、ちょっと乱雑な草木の配置で、虫も多く発生し時期的には窓も開けられない状況なのだそうです。
土が完全に露出しているより、タイルを敷き詰めたような、お部屋の延長的なスペースをイメージされていると直感しました。 いままでの印象をガラリと変えるため、思い切ったチェッカーのタイルを張りつめてみました。
大きな樹木が一本ありましたが、もったいないので、これは残すこととし周辺を整備したら、これだけでずいぶんナチュラルな雰囲気が残って、正解だなと感じました。 お施主様がかねてからご希望だった、屋外用の椅子・テーブルがレイアウトされ、ちょっと気の利いたパラソルを設置しました。

夜はこぎれいな照明がアクセントとなって、アーティスティックな洋風庭園の一部を切り取ったようなおしゃれなウッドデッキとお庭が完成です。 来年の夏、たくさんのお友達が集まって、ワイワイにぎやかなホームビアガーデンが開催されている風景が目に浮かびました。

個人ビルの壁面補強工事

しっかりとシンプルに

個人ビルは古くなっても、経済的な理由でなかなか補修工事ができません。しかし劣化部分が全体の損傷につながったり、けが人が出たりしては大ごとです。その場所にみあった、シンプルな方法で補強工事を行うことが肝要です。
半地下的なスペースですが、壁面の一部がオーバーハングしています。せり出した部分に「支えが」がないので、重量に耐えかねて壁面にヒビ割れが入っていました。そこから反対側の防水層からはみ出したと思われる水漏れも確認できました。

壁の向こうは業務用冷蔵庫

ふつうヒビ割れなどでないはずの壁面ですが、なんと壁の向こう側はレストランで業務用冷蔵庫が鎮座していました。この重みでコンクリート壁面がしなってきたのでしょう。 地震などで床がガクンと抜ける可能性もあります。早めに対応しておいてよかったです。 (ちなみに漏水は機器の水漏れが原因と分かり対応済みです)

下からつっかえ棒で支える作戦

半地下で人が行き来する場所ではないので、見栄えは二の次です。 経済負担が小さくて確かな方法。それは下からつっかえ棒を複数かませることでしょう。 材料は「コレ」です。 壁面補強工事を安く

力が平均するよう上部に梁を

ジャッキは押し付ける面積が小さくて、部分的にストレスがかかりそうなので、上部は木製の梁を渡して、支える力が平均的に行き渡るようにしました。

シンプルなので汎用性もメンテナンス性も良好です。将来的にどのように事態が急変しても速、取り外し、別の素材や手法に変更することができます。 費用的にもお安くご提案でき、施主様もよろこんでいました。

店舗空調機メンテナンス

営業時間外に短時間で

店舗の空調設備メンテナンスでは、極力営業時間に食い込まない作業のスケジューリング。周辺内装の徹底保護などが要求されます。
慣れない業者ではうっかりまわりの壁にキズをつけてしまったり、床を汚してしまったりすることも少なくありません。

電気料金に大きな影響が

飲食店舗では、衛生面を考えても、室内機の衛生管理は重要な課題です。
また同じ温度設定で、電気代も大きく変わります。きれいな放熱板なら短時間で静かに、そして効率よく運転させることができるのです。

できるだけ分解して

常に、内部に空気が流れている空調機器は、室内外のホコリや汚れを、機器の奥底まで吸い込んでしまいます。 当社ではなるべく細かく分解して、目に見えない箇所や、普段なら手の届かない箇所まで徹底的に洗浄します。
(1)激しく汚れた放熱板。これでは室内や商品にゴミが落ちてしまいます。
(2)できるだけ奥深くまで分解し洗剤で油汚れを、浮き出させます。
(3)すっかりきれいになった空調機。電気代も安くなります。

店舗シャッター交換及び壁面塗装工事

過酷な場所に設置されるシャッター

店舗シャッターは、過酷な場所に設置されているものです。いくら堅牢に作られていても、消耗品ですからいずれは故障したり、動きが渋くなったりします。 特に女性スタッフのみの店舗では、シャッターは常にスムーズな動きが求められます。 赤矢印部分は塗装がはげています。ブルー矢印のシャッター交換ですが、緑矢印の巻き上げ日よけを取り外さないと、シャッター巻き込み収納部分にアクセスできません。

出入り口工事の難しさ

シャッターの巻き込みスペースは、店舗のデザインを考慮して奥まった作業しにくい場所に収められている場合が少なくありません。 ましや出入り口の工事ですので、お店舗休業日の工事をおすすめしていいます。また休業日であっても周辺には、通行人もいますので、じゅうぶんな安全配慮が求められます。 巻き上げ日よけを取り外し、シャッター巻き込み収納部分を露出させました。

養生工事の重要性

当社では、新規シャッターの手配はもちろんのこと、手馴れた職人の手によって、安全に手早く交換作業をいたします。 だんだん重たくなって開け閉めしにくくなったシャッターは、早めの交換をお勧めします。 店舗ではガラス面も多く、傷のつきやすい装飾版の使用も各所にみられますので、養生工事には特に配慮が必要です。 店舗にはガラス面が多く、装飾アクリルなど傷のつきやすい部分もありますので、養生には十分注意を払います。

塩害と塗装

今回は塗装工事も同時に承りました。海岸近くで塩害がひどい場合、一般的な塗装保証期間まで塗装がもたないこともあります。

この店舗の場合海のすぐ横でしたので、入念な塗装を心がけました。養生工事後に塗装工事をします。周辺通行人にも注意が必要です。

日本郵船氷川丸空調工事(洗浄メンテナンス)

リニューアルOPENに備えて

2008年4月25日公開を再開した日本郵船氷川丸。2007年8月より船体の修繕・内装の修復にともない、当社は、各室の空調機の新規取り付け、機器の修理・冷媒回収・洗浄等を担当しました。
横浜港のシンボル、日本郵船氷川丸の一般公開再開にさいし、お手伝いができたことは、横浜の企業にとって、うれしいことでした。

日本郵船氷川丸桟橋売店空調機メンテナンス

日本郵船氷川丸の桟橋にある売店の空調機のメンテナンスも、同時にやらせていただきました。 観光客の皆様も働くスタッフも、快適でありますように。

横浜マリンタワー照明工事[2006年]

横浜のシンボルを光らせる

横浜港のシンボル「横浜マリンタワー」。この鉄塔ライトアップの電気工事とメンテナンスは、当社が施工しております。 横浜を代表する観光施設のお仕事をやらせていただいていることに大変誇りをもっておりますし、また多くの皆様がご覧になっていることを思うと、責任の重さも感じる、やりがいのある工事です。

新聞デビューです

2006年1月8日の読売新聞朝刊では、横浜マリンタワーが紹介され、当社担当社員の思い入れとともに、季節に応じて鉄塔間接照明色が変化するライトアップ電気工事の話題も掲載されました。

KKRポートヒル横浜ガーデンチャペル(NightStyle)照明工事

ベイブリッジがバックの照明プラン

ポートヒル横浜は、ベイブリッジの見渡せる最高のロケーションで、すばらしい結婚式ができる結婚式場です(宿泊もできます)。

特に横浜の名所をバックに挙式ができるガーデンチャペルがおススメです。ところで、夜景も抜群ということで、ナイトスタイルのガーデンチャペルを企画、ファンタジックな雰囲気を活かした電気工事を担当いたしました。

幸せなお二人の門出のお手伝いができたことは、当社の自慢です。

  • --- 最近の施工例に戻る --->